もうすぐ6か月になるお子さんのママから
「離乳食をはじめようと思うけど、まだお座りが出来なくてどうやって食べさせたらいいのか分からない」
と相談がありました。

確かに!5、6か月頃に離乳食を開始する家庭が多いと思いますが、その頃の赤ちゃんってまだお座りが安定していない子が多いかもしれませんね。

離乳食、どう食べさせる!?

お座りができない場合は抱っこをしながら食べさせてあげるのも方法の1つです。
大人の手があれば1人が抱っこをしてもう1人が赤ちゃんと向かい合って食べさせてあげればいいと思いますが、実際はお座りが安定しない離乳食初期は昼間に食べることが多いですよね!?そうなるとなかなか大人2人の手はないかもしれません。

色々な食べさせ方があると思いますが、私は食べているときの表情も見逃したくなかったし、上手にごっくんできたか?呑み込めたか?次にお口に入れてあげるタイミングなども正面から見ていたかったので、抱っこしながら食べさせる方法はあまりしませんでした。

また、ベビーチェアも腰がすわっていないと安定したお座りができなくてズルズル滑ってふんぞり返る状態になったり、前のめりになってしまいます。
そんな時はクッションやタオルを体周りに入れて隙間を埋めて支える感じにしてあげると安定します。

我が家で実際に使っていて子どもが1番食べやすそうだと感じたのはバウンサーです。


使っていたものは座面の角度が変えられる+テーブルが付属で付けられるもので、離乳食の後期くらいまでのご飯タイムはこのバウンサーが大活躍でした!
まだ完全に腰が座っていなかったで、バウンサーの背もたれを立てて座れる状態にし、離乳食がはじまったばかりの時期はテーブルは使わず対面で食べさせて、ある程度食べられる食材がそろってきたらテーブルを付けて介助していました。

我が家は食事用、普段使うバウンサー、椅子などたくさん用意するのがスペース的にきびしかったので、全てこのバウンサーに任せました!
あ!あすかさんにバンボを借りたんですけど、バンボはおやつを食べる時にとってもよかったです(人”▽`)☆
1台で何役も使えるものだとベビーラックも良いかもしれません。生まれてすぐから使えてテーブルが付いたり、リクライニングできるのもが多く、長く使えます!!
あとはダイニングテーブルを使っているお家ではママと赤ちゃんをつなげるベルトや大人の椅子に付けられるチェアベルトや高さが出せるクッション付きのベルトなども使えそうです(お座りが安定して出来るようになってからの推奨が多いです)

離乳食を食べる時の赤ちゃんの姿勢のポイント!

大切なのは赤ちゃんが安定した体勢で食べられることです。
仰向けに近い状態だと詰まってしまったりゴックンが上手にできません。
前のめりになり過ぎてもお腹が苦しくて思うように食べられません。
大人が食事をする時のようにしっかり座って食べられるのがベストです!
今持っているベビーチェアが安定して食べらるイスでなければ、タオルやクッションなどお家にあるものを上手に使って良い姿勢になるように工夫してあげてください。

あとはパパやママが赤ちゃんの表情が見やすいポジションで食べさせてあげられるのが良いのかな!?と私的には思います!
じょうずにモグモグする子どものかわいい表情を見逃さないで下さいね☆

保育士:裕美でした😄

野田市産前産後ケア子育て交流会~産後の骨盤矯正~
そよかぜ接骨院
身体のお悩みから育児のお悩みご相談ください。

友だち追加