今回は添い乳の方法&仕事復帰に向けての母乳事情についてです。

添い乳の方法

まずは添い乳の体勢が定まらず、窮屈な姿勢だったり添い乳の際に身体が痛いと言うお悩みです。

これは色々な方法を知って試してみるしかないのかもしれません。
実は私も息子2人の夜中の授乳は添い乳を取り入れていました。


今回相談してくれたママさんのように私もしっくりくる体勢が見つけられず、どーも良い位置で授乳できなくて
子どもの下にタオルを挟んだり、自分の枕を移動させてみたり、腕の位置を変えてみたりして試したのですが
結局「コレだ!」と言うのは見つけられませんでした。。。

なのに添い乳のままキツイ体勢で寝落ちしてしまうので目覚めたときに腰が痛くなったり、腕がしびれたり
楽だと思ってやっていた添い乳が結局身体を痛めることになってしまっていました。
院長に「腰痛ーい」「肩痛ーい」と施術してもらうこともありました。

もしかしたら私がキツイと思っていたと言うことは、息子たちの身体にも何かしら負担があったのかも??
と思うとどうにか良い添い乳の姿勢を見つけたかったのですが、、

多分赤ちゃんの口元とお母さんのおっぱいが平行になることが身体を痛めないコツなのかな?と思うのですが、なんせ私はベストポジションを見つけられなかったので自信を持っては言えません。

そこであすかさんがやっていたという添い乳の方法を見て「ウチの子が小さい時に聞けばよかったーーー!!」と思ったのです!
その方法は試したことがなかったのでやってみたかったぁ~!

と言うことで来週のあすかさんのブログ楽しみにしていてください☆
何もアドバイスできずスミマセンm(_ _;)m

仕事復帰に向けての母乳事情について

離乳食初期の頃のお子さんを保育園に預ける時に悩みなのが母乳についてと言うママさん。
現在母乳なので、出来れば引き続き母乳は飲ませてあげたいし、お仕事も復帰したい!!
どうしよう!?

今は冷凍母乳持参で預けられる保育園も多いと思います。
そう言った保育園を探すのも良いですよね!
私が保育園で働いていた時にあったのは、ママの職場が保育園から近くだったので、ママがお昼休憩を使って保育園に来て授乳すると言うことがありました。OKな保育園はママが来てくれる時間に合わせて授乳のタイミングも図ってくれます!
職場をこれから決めると言うのであれば託児付きの職場で働くのもありですよね!

子どもを預けながらお仕事をするってなると
その家族にとっては預け先の事や今までとは仕事の条件も変わって来ると思います。
とにかく子どもを預ける場所(保育園)は家族の要望に合っているところ、気になるところをたくさん見学してみて安心・信頼できる場所を選んでくださいね!

保育士:裕美でした😄

友だち追加

野田市産前産後ケア子育て研究会