4月も2週目に入り進級・入学など新生活がはじまりましたね!
子どもの保育園お迎えの時に、ピカピカのランドセルを背負って卒園児が保育園の先生に会いに来ているのを見ると、これからはじまる学校生活にワクワクしちゃいます(≧▽≦)私がww

 

さて、今回のお悩みは自分の子どもがお友だちに対して“キライ”と言ってしまったらどうしよう??と言う悩みです。

お友だちに対して“キライ”と言ってしまったら…

なぜ、そう悩むのか?と言うとキライになってしまうような出来事があったそうで。。

私も子どもが保育園でお友だちとの様子を話してくれた時に
「〇〇くんとは遊ぶけど、〇〇くんとは遊ばない」
と言う話題になって、どうして〇〇くんとは遊ばないのか?を聞き出そうとして色々子どもに質問をしていたのですが、敢えてお友だちとの関係や理由などを聞き出す必要はない!
とこの相談内容についてあすかさんと話していた時に教わりました!

詳しい内容は次週あすかさんに教わることにして

キライ!も~一緒に遊ばない!でも仲直りも早い!

保育園で働いていた時に、特に年少クラス以上になるとお友だち同士の関わりが増えてきて、少しの意見の違いや言い争いから
「〇〇ちゃん、キライ!」
「〇〇くんとはもー遊ばない!」
みたいな言葉って結構日常的に飛び交っていました。
そんなやりとりに対して、保育士が介入して仲直りさせようとしたりはあまりしません。
なぜなら、言い合いがあっても次の場面では何もなかったように一緒に笑いあって楽しく遊べると分かっているからです!
もちろん、怪我をするほどの激しい喧嘩や、極端にお友だちを傷付けてしまいそうな言い争いの場合は仲裁が必要なこともありますが。

あまり答えになってないかもしれませんが、今回の場合はまだお友だちにキライ!などの言葉を言っていないということで、そこまで心配する必要はないのかな、と感じます。
子どもはとても柔軟で、お友だちに何かされて苦手意識を持っていそうだと親が察しても、いつの間にか仲の良いお友だちになっていたり!!なんてこともあります。

子どもは素直で残酷、でも改善・予防できます!

小さい子の喧嘩は陰湿なものではありません。とても単純なんだと思います。
ただ、上手に気持ちを言葉で説明できなかったり相手の気持ちを汲めない小さい子どもは、とっさにその瞬間の思いをそのまま口にするので、聞いている大人は結構残酷だな・・と感じます(;’∀’)
良く言えば素直なのですが、絶対に譲れない!とか負けたくない!と言う気持ちから知っている言葉のレパートリーの中で一番残酷な言葉をグサッと出してくるんですw

そうなる前に大人が気を付けられるところがあります!
普段からポジティブな関わりをしたり、大人が言葉づかいを気を付けることで子どもからとっさに出てくる言葉も少し変わるかな!?と思います!
単にレパートリーの中に加えなければ使いようがないと言うことですが、実際は大人も言葉を選びながら使うのって簡単なことじゃないです。。( ;∀;)
言葉を発した後にハッっとしたり、気を付けてたつもりでも子どもの言葉づかいが自分の悪い言葉づかいとそっくりだったり、テレビやお友だち親以外の影響もあるので。
でも意識すれば変わってきます!簡単ではないかもしれませんが是非関わり方、言葉づかい気を付けてみてくださいね☆

今回相談を受けたママさんはそよかぜで話していてとっても子どもの気持ちに寄り添っている素敵なママなので大丈夫!

あとは子どもを信じて大人が気を付けられるところは気を付けつつ、見守っていけたら良いと思います!子どもは自分で乗り越える力を持っているはずです!
前回と同じ締めになってしましましたね(^-^;

次週はあすかさん!!私もあすかさんから教わり気づきがありましたよ☆

 

保育士資格所持:裕美でした☺


千葉県妊活サポート
千葉県野田市
そよかぜ接骨院
04-7157-3982
そよかぜ接骨院の友達追加でしゅ。
友だち追加

そよかぜ接骨院は地域の人が笑顔になるためのお手伝いをします!