こんにちは。
桜の開花ニュースが春を感じさせる今日この頃。
そよかぜ接骨院がある野田市の子どもたちは、いよいよ春休みです!
子どもたちがワクワクしている中、私は先生の向上心や保育士としての裕美さんに
よき影響を受け、お二人に協力していただきながら絶賛お勉強中です(`・ω・´)ゞ
7月にはちょっとだけバージョンアップした私になっているので乞うご期待w

と毎回恒例の余談から入ってしまいましたが、早速はじめましょう!
卒乳と断乳について。

そもそも疑問1 そもそも卒乳と断乳の違いってなに?

卒乳は、少しずつ授乳回数が減っていくか授乳回数を減らしていき自然と飲まなくなることをいいます。
断乳は、「この日に断乳するぞ!」と決めた日に授乳をピタリとやめることをいいます。

となると私は両方経験者ですねw
私に断乳はツラかったです。一生懸命飲んでいるわが子の顔、口、添えてる手、吸っている音
すべてが愛らしくて好きすぎて、むしろずっとおっぱいを吸っていてください♡
と私からお願いしたいくらいでしたからw
でもそうはいかないんですよね~。
同じ時期に出産したママ友や先輩ママなどから卒乳時期を聞かされて、それまであまり考えていなかった
卒乳について考えるようになりました。

そもそも疑問2 そもそも卒乳時期っていつ?

生後10か月以降なら離乳食で食べれるものも増え、栄養的に卒乳しても問題ないとされています。
時期としては、1歳半~2歳がおおよその目安。
ですが、私と同じように今は2歳をすぎてからの卒乳も多いのが現状だそうですよ(^^)

つまり卒乳や断乳の時期って人それぞれなんですよね。
でも焦らずにはいられない理由がある人も中にはいるようで・・・

相談1 保育園入園を控えているから卒乳させたい。

 回答:無理に断乳せず保育士さんの胸を借りるつもりでドーンとわが子を預けちゃいましょう!

大人にとってもそうだけど、子どもにとっても環境の変化はすごくストレス。
それに断乳のストレスまでプラスしちゃったら、子どもも親もツラすぎる(;_:)
ママと離れて保育園や幼稚園で過ごすとなると、やっぱりその前に卒乳させなきゃって思っちゃいますよね。
でもちょっとだけこの入園をチャンスと考えてみませんか?
これは飲まない時間を減らすいい機会!断乳ではなく卒乳にもっていくチャンスですよ。
保育所によって様々だと思いますが、私が以前働いていた保育所では、卒乳前の子が入所したらいつの間にか卒乳できてたって方がいましたよ。

でもでも卒乳といえば
昼間より夜の寝る時間が一番大変💦
確かに(゚д゚)!

相談2 夜の卒乳。飲みたがる時はどうしたらいい?

私は夜の寝かしつけを完全に添い乳でしていたものですから、昼間一度も授乳しなくなっても
夜は当たり前のように飲みたがっていました。
なので私は子どもの様子を見つつ、いけそうな時はお布団の中で背中をトントンしたり、絵本や子守唄で寝かしつけをしていましたが、子どもが慣れない人と会ったり、慣れない環境で頑張った日や自分が疲れちゃっている日など親子どちらかがいけなさそうな日は、飲んじゃえ~と飲ませちゃうゆるゆる卒乳をしていましたw

相談の途中ですが

具体的な対策をブログにする前に

子育てはママの気持ちが一番大切。
ママやお子さんにストレスがかかる卒乳なら私はしなくていいと思います。
どうしても卒乳しなきゃいけない理由があれば別だろうけど…でもできたら
日常の中に卒乳の機会をみつけてみてはどうでしょうか?
例えば今回の相談にもあった保育園入園もそう。
今日はママ友と子連れランチだから、おっぱいなしでも昼間はいけそうかな?
くらいのチャレンジでもOKではないでしょうか?
卒乳のブログでこんなことを言っていいのか悩みましたが
このことを伝えたうえで、ママもお子さんもストレスなく卒乳できるよう
お役にたてる方法があるといいなと願って
具体的な対策方法につづきたいと思います(^人^)

卒乳断乳 心の準備

嬉しいようでちょっと寂しい卒乳や断乳が、少しでも気持ちを楽にして進めていけるように
チャレンジ前に心の準備をしましょう!

無理はしない
さっきも私の意見としてお伝えしましたが、親子にとってツライ時は卒乳も断乳も一回休憩しましょう。
一度休憩しちゃうとまた元の授乳習慣に戻ってしまうからそれはダメでしょ!って思った方。大丈夫です。
一日の中の1回や2回休憩してもへっちゃらです!

スキンシップを大切にする
授乳という親子のスキンシップタイムが、卒乳や断乳で減ってしまうのは寂しいです(・ω・`)
この後お伝えしますが、卒乳や断乳時の寝かしつけは新しい親子のスキンシップタイムになります。
お子さんはもちろんママもリラックスしてスキンシップタイムを過ごす方法を見つけましょう!

とこの2つのことを心の片隅において準備は完了です!

卒乳断乳 夜の寝かしつけ

卒乳断乳の中で、もっとも大変とされている夜の寝かしつけ。
まずは授乳をして眠るという今までの習慣を変えていきましょう。

やることリスト①親子で卒乳するからには、お子さんにも卒乳することを前もって伝えてください。実はここがすごく大切だったりします。「そろそろおっぱいとバイバイしよっか?」「おっぱいとバイバイして、今度からママと絵本を読みながらぎゅーして寝てみる?」などの声掛け。また卒乳の流れにもっていけそうな絵本の後に話してみるのもいいかもしれません(^^)

おすすめ卒乳絵本

 

 

 

 

 

やることリスト②寝る前の行動パターンを決めてみましょう。

たとえば寝る時間を20時と決めて、時間になったらお布団に入る習慣をつけます。この時お子さんの目がぱっちりと眠そうじゃなくても大丈夫。とりあえずお布団へ行き、お布団の中で座って絵本を読んだりお話をしてみてください。

 

やることリスト③さぁ、お子さんがちょっと眠そうになってきたら、親子でお布団の中にザボーン!と入って
部屋の明かりを暗くしましょう。もちろん豆電球でもOK。
その後はお子さんとぎゅっと密着して背中をとんとんしながら添い寝してあげると、お子さんが安心して入眠しやすくなります。

卒乳や断乳をはじめたばかりの時などお子さんが激しく泣いている時は、ママがツラくないのであれば抱っこして寝かしつけてもいいです。
ただ寝かしつけや夜泣きのたびの抱っこは私はツライなぁと思っていたので、
できたら抱っこの寝かしつけ習慣でなくお布団やベッドの寝かしつけ習慣をつれたらいいのかな?と思っています。
なので「ふえ~ん」と眠いのに寝れないような泣き方やぷち夜泣きでしたら、お布団の中で背中をとんとんして様子をみてください。
もしかしたらそのまま眠れるようになっているかもしれませんよ(^ω^)

最後に

授乳中の寝かしつけの時から、(添い乳でも昼寝でも)背中をとんとんしていたり。
寝る前に絵本を読む習慣が最初からついていると、ママがもっと楽ちんなのかな?
子どもそれぞれ。人それぞれ。卒乳でも断乳でも、ママと子どもが選んだことなら間違いはないと私は思います。
私はいつか自然と娘がおっぱいを飲まなくなるだろうと思っていて、断乳を全く考えていなかったり。
ママ友に断乳の話を聞いて、ちくびにわさびを塗ってみたり、旦那のおっぱいを吸わせてみたりw
でも結局、夜寝たい派の私は夜の断乳はせず自然卒乳を選択しました。一緒に成長していこう!その気持ちとありがとうの気持ちで、少しずつそしてお互い無理なく前に進んでいけたらいいのかなと思って私も日々娘たちと過ごしています。

最後まで読んでくださった方。ありがとうございます。
なんだか今回はママ友同士の情報交換みたいなブログ内容になってしまいましたがいかがだったでしょうか?
次回もまたよろしくお願いします♪

 

 

cropped-soyokazekun_character6-e1471919773725.jpg
野田市 そよかぜ接骨院
04-7157-3982
[contact-form-7 id=”4″ title=”コンタクトフォーム 1″]