こんにちは!
今年は例年以上にインフルエンザが猛威を振るってなかなかとどまりませんね。
A型B型とダブル流行なので、ダブルパンチを受ける方もいるそうで・・

我が家は幸いにも今のところ感染することなく来ましたが皆さま、どうぞお気を付けくださいm(__)m

きょうだい子育て

今回は『きょうだいの子育て』です。

相談の内容は上の子の頻繁な泣き。

「30分に1回くらいは泣いてるかも」と言っていたかな!?

それくらいよく泣いてしまうのだそうです。

 

2人目が出来る頃の上の子の月齢って1.2.3歳頃で

ちょうどイヤイヤ期真っ只中だったり

主張が強くなる頃で手がかかる時期ってことが多いと思います。

赤ちゃんができると、敏感な子は次の子を妊娠した頃から赤ちゃん返りも加わって
「今日、1日中機嫌が悪かったな――(*_*」
みたいな日も多いです。

何で泣いているのか?
理由が分かっていればなるべく訴えに対して寄り添ってあげるのが良いと思いますが
まだ言葉で訴えることができない年齢だと子どもが伝えたいことを分かってあげられないのがもどかしいですよね。
1度機嫌を損ねて愚図ってしまうとご機嫌を取り戻すのに時間がかかります。

2歳4か月、今まさにイヤイヤ期のうちの次男は1日に何度も床に転がって泣きながら嫌なことや主張したいことを全力で訴えています。

すごく悩ましい状況ですが、なるべく時間をかけて
気持ちを代弁してあげたり
何が嫌なのか?
何が欲しいのか?
どうして欲しいのか?
の答えを探します。
「コレ?コレが良いの?」と指差しで泣きながら訴える息子を抱っこして連れまわし答え探し~。

最終的には“絶対コレじゃなかったよね!?”みたいな答えにたどり着くことも多いのですが、子どもが納得すればOK!だと私は思っています。
もしかしたら正しい答えが必要なんじゃなくて構って欲しかったのかもしれないし、抱っこして欲しかったのかもしれない。。と思うと、2人の時間を過ごせる答え探しの時間に意味があったのだと思います。

 

そして下の子が生まれてから“泣き”がはじまったのなら、やはり上の子は何か感じるものがあるのでしょうね。

きょうだいの育て方で

“上の子を優先した方が良い”

ってよく言われるけど優先した方がいい場面もあると思います。
でも、下の子にだって赤ちゃんの頃から主張はあるので、それは柔軟に!とは思います。
ただ、上の子の訴えの方が親の耳に入りがちなので優先されることが多いのかも!?って感じてます。
・・結局どうなんでしょうね(;・∀・)

私も答えが出ません・・すみません。

 

母×きょうだいの過ごし方

下の子が生まれた後しばらくは、例えば平日お母さん1人だとなかなか思うように動けなくて、でも
お外に行きたい上の子。
冬だと寒いし夏だと暑すぎて小さい赤ちゃんを外に出すのは・・・と心配な母。

 

我が家の場合は下の子が生後1か月から大人1人での対応だった時は
下の子を抱っこして自宅の周りをグルグルお散歩して目の前の通りの車を見たり、近所に咲いてるお花を見たり駐車場で石ころ遊びをしたりと
カナリ地味ですがそんな遊びをしていました。

あとは電車が好きだったので2人車に乗せてドライブしながら電車を見に行ったりしました。
そうすると赤ちゃんも車の揺れが心地良いのかよく寝てくれ、結果2人ともご機嫌に過ごせることが多かったです!

あと、近所の児童館も時々行ってました。
オムツ替えもできるし、児童館の先生にヘルプを求めることもできます!

公園に連れて行くこともありましたが、私にとって公園は結構レベルが高くて
上の子が1人で自由に遊具で遊べる年齢ではなかったので、滑り台の階段もお手伝いが必要だったし、ブランコも1人で乗れないし、ボール遊びがはじまると下の子はしばらーーくベビーカーで放置だし、、とワタワタしながら遊んだ経験が何度かありましたw
ある程度下の子も大きくなってハイハイやあんよが出来るようになったら公園遊びも楽しめるようになりました♪
今では公園は出会いも多くて子どもたちも大好きな場所です!

 

 

今回は2人きょうだいの子育ての話でしたが、3人4人きょうだいってなると、また更に賑やかで大変なこともあるんだろうなーと想像するとお父さん、お母さんを尊敬します☆

特に下の子が小さい時はどうしても制限がある分、上の子にも影響してしまうと申し訳ない気持ちになってしまいますが、赤ちゃんに優しく話しかけてくれる上の子の姿とか、並んで寝てる寝顔❤とか大きくなってくると一緒に遊んでる様子を見ると幸せな気持ちになります(*´з`)

 

私は子どもは大好きですが要領は悪く、今だに子ども2人が同時に愚図っているとどーしたらいいのか??イライラするときもあるし、フリーズして半分諦めて放置したり、一緒に泣いたときもありました(;´・ω・)
いつもいつも全力で向き合うのは大人も根気と体力が必要なので、悩み過ぎず頑張り過ぎず行きましょう!!!

cropped-soyokazekun_character6-e1471919773725.jpg
千葉県野田市
そよかぜ接骨院
04-7157-3982
そよかぜ接骨院の友達追加でしゅ。
友だち追加
[contact-form-7 id=”4″ title=”コンタクトフォーム 1″]