寝かしつけ 1人でがんばらないことの勇気

さすが裕美さん✨

今回ももう私がお伝えすることはないです(´-`)

でも書かなくてはならないので私なりに書きますねw

 

悩んでいるお母さんがいっぱい 寝かしつけは最初の試練⁈

毎日の寝かしつけで困っているお母さんたちがこんなにたくさんいたなんて

仲間がいるよ~って〇年前の私に教えてあげたい!w

インターネットで【寝かしつけ】と検索してみたら

寝かしつけでイライラ(-“-)

寝かしつけでどんより(-_-;)

など出てくる!出てくる!分かる!分かります!その気持ちw

 

そして対処法で多かったのが

早起きさせる。

日中たくさん遊ばせる。

寝る前にお風呂に入れる。

寝るまでひたすら抱っこ。

添い寝。添い寝しつつ寝たふりをする。

が多かったです。

他にも夜にバナナを食べさせるといいなんていうのもありましたよ。

なんでだろ?すごく気になるけど今回は新生児さんの寝かしつけについてなので

バナナネタは掘り下げずいきますねw

 

私も対処法はいろいろと試しました。

寝るまで抱っこは新生児さんは軽いとはいえなかなかの重労働💦

頭を撫でたり、背中をトントンしたりの添い寝や寝たふりも自分が先に眠くなったり…

添い乳だとポロリしたまま寝ちゃうことなんてしょっちゅう…

ってそれは私だけですかねw

お子さまの年齢や月齢によっていろいろな方法がある寝かしつけ。

でもどれがわが子に当てはまるかなんてやってみないと分からないですよね。

むしろどれも当てはまらないかも(゚д゚)なんて苦戦したり。

 

わが家のテッパン寝かしつけ

いろいろ苦戦はしましたが、私が見つけたわが子のてっぱん寝かしつけはこれ!

まずは長女。

長女は【眉間くるくる】と【鼻すじさわさわ】でよく寝かしつけを成功させていました。

眉と眉の間の眉間といわれる部分を指で軽く押さえてそのまま指をくるくる回すのが【眉間くるくる】

そして眉間から鼻すじの縦ラインをひたすら撫でる【鼻すじさわさわ】

どちらも赤ちゃんを気持ちよくさせるものですが、触っている方も気持ちいいですよ♪

これは赤ちゃんが目を瞑りやすくもなります。長女はこのダブル技がとてもよく効きました(*´艸`)

次は次女。

長女好みのダブル技は次女にはまったく効かず…

生活している中で「あれ?また寝ちゃってる。」と寝かしつけに活用したのが【耳そうじ】

これが意外に同じ赤ちゃんが多くて私もビックリ!まぁ、耳そうじって好きな人はホント好きですもんね♡

寝かしつけの時は部屋が薄暗くて本格的な耳そうじは怖くてできないので、綿棒で耳の入口を軽くクルクルするだけ。

それだけでいつの間にか寝ちゃうんです。

あ、ここだけの話。長女も次女もこの方法は今でも効果絶大なんです(*´艸`)かわいいでしょ?♡笑

 

ちなみに娘2人が共通して効果があった寝かしつけは、やっぱり【添い寝】【添い飲み】そして【ラッコ抱き】でした。どれも私にとっても楽な寝かしつけ方法でした。私も寝かしつけのまま一緒に寝ちゃうのもあり、私自身がすごくリラックスしてたのもよかったのかな?と思いますw

 

とそんな私の体験談が番外編として含まれた、裕美さんと私の寝かしつけのアドバイスを簡単にですが、私の独断で画像にまとめてみました。よかったら画像保存やスクショをしていただいて、いざという時のお力になれたら嬉しいです(^^)

親の気持ち 赤ちゃんの気持ち

↑育児に不可欠なここが一番大切って話をちょこっとさせてください。

新生児さんの寝かしつけって大変とは言われているけど、実際経験してみないとその大変さや過酷さはわからないものです。しかもその大変さや過酷さの度合いも人それぞれ違います。きっと多くの方…いやほとんどのお母さんが経験している、もしくは悩んでいる最中だと思います。

 

睡眠不足は心の余裕を奪っていきます。

自分の時間が持てないとストレスになります。

親のそんな見えないSOSを赤ちゃんは敏感に察知して、親と一緒に赤ちゃんも不安になってしまいます。

さすが親子!以心伝心ですね。

だけどこの親子の不安な以心伝心が寝かしつけを大変にする原因になっちゃうのは余計につらいですよね(/_;)できることなら親子でニコニコな以心伝心をしたいものです。でもそうはいかない。そんな時は頑張るのをやめてください。やめてほしいです。

 

赤ちゃんに笑いかけれなくなってしまったら。

泣きたくなってしまったら。

イライラしてしまったら。

やるべきことがたくさんと眠れなくなってしまったら。

それは心が疲れている証拠です。

子育ては頑張らない勇気 誰かが気づき手を差しのべる

昨年放送していたドラマ「コウノドリ2」の中では、産後うつについて描かれていて、多くの共感と反響からニュースにもなっていました。その中で産後うつの疑いがあるお母さんにお父さんが「俺も(育児を)手伝うから」というシーンがありました。

そのお父さんの言葉に対して産科医の先生はこういったんです。

「何言ってるんだ!手伝うじゃないだろ。あんたの子供だよ。」よく言った四宮先生!w

 

寝かしつけのブログですが、新生児の寝かしつけがテーマだからこそあえて産後うつという言葉を出させていただきました。

不安にさせてしまったらすみません。でもね。先ほど紹介した四宮先生の言葉が示すように、お母さんだけじゃないお父さんも子育ての当事者です。お母さんの様子がいつもと違うと感じたら、お母さん一人の時間を作ってあげてください。ママだけで外出させてあげたり、ゆっくり寝かせてあげたりてくださいね。

そしてお母さんも!一日くらい家事を休んでも大丈夫です。疲れた時は赤ちゃんが寝ている時間はママも寝るでよし、趣味の時間にしてリフレッシュするもよし。きっと旦那さんはわかってくれます。もしわかってくれないようでしたら、ドラマ「コウノドリ2」をレンタルして旦那さんにみせることをおすすめします(^皿^)笑

 

長くなってしまいました。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます。

すぎてしまえばあっという間の寝かしつけも真っ最中だととても長い時間に感じます。

だからこそお母さん。誰かに頼ってみませんか?愚痴ってみませんか?実はみんな一緒だったりするかもですよ(^皿^)v

 

さて次回は・・・なんでしょう?

裕美さんのブログ楽しみにしていてくださいね(^ω^)

ではまたお時間がある時にお会いできたら嬉しいです。ありがとうございました♪

cropped-soyokazekun_character6-e1471919773725.jpg
千葉県野田市
そよかぜ接骨院
04-7157-3982
そよかぜ接骨院の友達追加でしゅ。
友だち追加
[contact-form-7 id=”4″ title=”コンタクトフォーム 1″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

◆岡本如弘◆ そよかぜ接骨院・院長 柔道整復師 ◆岡本ゆみ◆ 託児スタッフ・保育士 ◆あすか◆ 受付・チャイルドマインダー