多動症、落ち着きのないイスに座れない子が座れるようになる整体 

落ち着きのない子ども

座っているときおとなしく座っていられましゅか!?
子供も大人も好き好んでモジョモジョしたりソワソワしたいとは思いましぇん。
座っていられないのには理由がありましゅ。
誰だって座っているときはちゃんと座っていた方がいいのがわかっていましゅ。
でもできないんでしゅよ。
そんなお話(≧▽≦)
「えぇ~(+_+)」って思う人が多いお話でしゅ。
足を組んで座ったり、イスに座っていられなかったり、イスに座るとモゾモゾしちゃったり。
そんな方必見でしゅ(≧▽≦) 続きを読む

病名を気にするのではなく症状から治療していく

悩んでいる人

症状は全てサインでしゅ。
例えば、
ヘルニアというサイン。
鬱病でもサインでしゅ。
病名で人を判断しないでほしいのだぁ~。
「ここ」を改善すれば状態が変わっていくということが分かったからこそいえるお話でしゅ。
「ここ」がわからないとなかなか改善しない。
鬱病と診断されたも来ていましゅが施術によって改善していましゅ。
症状から治療や施術をしていった方がいいと思いましゅ(≧▽≦) 続きを読む

踵が痛くて走れなかった小学生が5回の整体で市内大会入賞

足が痛い

踵とふくらはぎが痛くて痛みと付き合いながら走っていた小学生。
友達にそよかぜ接骨院のことを聞いて来院してくれたのだぁ~。
ありがとうございます。

院長が小学生の時には
聞いたことがなかった

踵が痛いシーバー病

最近の運動している子には結構多いでしゅ。
しかもしばらく痛みと付き合っていて、子どももお父しゃん、お母しゃんも悩んでいましゅ。
「病院に行っても、休んで下さい。」と言われるだけと嘆いておられましゅ。
そよかぜ接骨院では早ければ2~3回でだいぶ症状が変化していましゅ。 続きを読む

痛みや不調をなくすには「痛い」の一言で済ませるな!

肩がゴリゴリ

身体の痛みや不調があると「ここが痛いんです。」って伝えましゅね( ^^)
院長が最近感じていていることを今日はブログにしてみるのだぁ~(^^)/
今回の内容は、普通のことしか勉強していないとわかりにくいかも。。。
「そこの痛みって神経も筋肉も繋がってないから・・・。」と
数年前の院長は思っていたようでしゅ。

痛みを表現するのはムズカシイ

身体が感じていることを言葉にして表現するのって難しいです。
続きを読む

勘違いしないで!身体は自分で治しています

2人の産後の骨盤矯正を体験していただいた方から1回で穿けなかったジーパンが穿けた嬉しいご報告を聞いて嬉しそうな院長を見ました(≧▽≦)ノ
今日は、そのうちのお1人の方とのお話をブログにしましゅ。
前回の1回で3㎝ぐらいジーパンのボタンが届かなかったのが届いちゃったとを喜んでましたヾ(≧▽≦)ノ
ヤッターヾ(≧▽≦)ノ
そんな話もありながら、
「身体を治しているのは誰!?」という内容になりました。
間違っている人多いと思うので書きましゅ( ^^)

身体を治しているのは私です。

続きを読む

体幹トレーニングより大切な『軸』

軸

「軸は大切です。」

軸のお話ですが身体の変化していくための軸について書くのだぁ~。
スポーツ業界では「体幹」
スピリチュアルな世界でも「軸」
武道の世界でも「軸」
こんなことが言われていましゅ。
今回お話したい重要な軸は、

一番感ることのできるリアルの軸の「背骨」なのだぁ~。。 続きを読む

臨月で身体が痛かったのにマタニティ整体で帰りはスタスタ!

臨月ともなるとお腹が大きくなりましゅ。
動くのも辛そうな方が多いでしゅ。。。
臨月の30代前半のママさんがのお悩み。

頭痛、肩こり、足のつり、夜寝れない、息苦しい、むくみ

こんなたくさんの悩みを抱えて来院してくださったのだぁ~(≧▽≦)
ツライなかありがとうございます(≧◇≦)

一番望まれることは「スッキリ改善したい」。
マタニティ整体は安全である必要がありましゅ。
出産時期が近づけばなおさら。
今回はちょっと応用編。 続きを読む

疲れやすい・治りにくい・息苦しい・貧血・足が攣る理由

息苦しい

今回は皆しゃんが知らないことを書いちゃいましゅ(≧◇≦)
常識の範囲を超えないとわかりにくいかも(;´∀`)
常識については前回のブログを読んで下さい。

原因があるから症状が出る

「身体が疲れやすいんです。」「身体がなかなか治りにくい。」「息苦しい。」「貧血」「足が攣る」
これって実は共通することがありましゅ。
「酸素」でしゅ(≧◇≦)
酸素がなければ疲れちゃいますよね!?
酸素が足りなければ細胞元気ではないでしゅよね!?
酸素が足りないから苦しいのだぁ~。
足が攣るのも血液の影響でしゅ。
血液は酸素を運んでいるので酸欠の可能性もあるのだぁ~(≧◇≦) 続きを読む