不妊症テクニックマスター養成講座参加野田市そよかぜ接骨院 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不妊症テクニックマスター養成講座第3回

H29.3/13に院長不妊症テクニックマスター養成講座を受講してきました。
講義の前に日本妊活協会代表の中野先生からお話がありました。
「病院の方で提携して一緒にやりたいと言ってくれてるお医者さんがいる」というお話でしゅ。
中野先生は「不妊をゼロに」ということで日本妊活協会の代表をしておられましゅ。
提携してくれる産婦人科やクリニックが増えればより出生率UPに近づくのではないでしょうか!?

第3回目の講義は「子宮筋腫」「子宮内膜症」について。
第2回の「冷え」の復習もありました。
「子宮筋腫」「子宮内膜症」「冷え」これらは身体の異常を訴えているサインでしゅ。このサインを聞いてケアしていきましょう。まずは排泄機能が正常か!?排泄の異常があることでうまく吸収できましぇん。たくさんの人がいいものを取り入れましょう!ということから良いものをとっていると思いましゅがその前に大切な「排泄」がおろそかになっていたりしましゅ。「排泄」がうまくいかない場合は冷えないようにしないといけましぇん(*ノωノ)

(このブログを読んで下さっているあなたは妊娠とは関係ないと思うかもしれましぇん方かもしれましぇんが当院に来てくださっている方にはお伝えしているのが、「妊活中の方がなかなか妊娠できない。これはどこかに元気でない箇所があって原因があるんです。その原因を変えることによって妊娠に近づく身体に変化していくんです。妊娠できる身体=元気な範囲の身体だと考えられます。なので男性でも年配の方にも元気な身体になる施術方法の1つです。筋肉しかわからなければそこしか施術できないけどあなたも持っている内臓の疲れがある時はそこにも施術ができるんです。」と院長はお話してましゅ(^◇^))

「子宮筋腫」「子宮内膜症」

女性で子宮筋腫と子宮内膜症をもっている方がたくさんおられます。
妊活の方に知っていただきたいのが、「子宮筋腫」「子宮内膜症」があると子宮や卵巣に負担がかかってしまうということでしゅ。排泄機能の低下と免疫の低下が考えられ内臓下垂もおこっていると思いましゅ(゚д゚)!
内臓下垂は自分ではなかなか対応できないのでできる方に整体してもらってくだしゃい!
横隔膜、肝臓、腎臓など色々下垂しているところにアプローチが必要でしゅ(+_+)

自分でできることは排泄機能のUPを目指していきましょうヾ(≧▽≦)ノ
食事では「陰」「陽」という考え方があり、「冷やす食べ物」「温める食べ物」がありましゅ!
「冷やす食べ物」=冷たい食べ物というわけではありましぇん。例えば、ホットコーヒーは暖かいですが、身体を冷やしましゅ。ミルクや砂糖を入れたらもっと冷えましゅ(^-^;砂糖は冷えます。高いところになるものも基本的に冷えます。温めるものは根菜類。土の中のものは温めるものが多いです。このように考えてもらえるといいのではないでしょうか!?

妊娠したらママしゃんの栄養は赤ちゃんにそのままいきましゅ。元気な赤ちゃんを産むためにも色々学んでほしいでしゅ!そよかぜくんと一緒に学びましょ( ^^) _U~~

院長は3月19日に食事のお勉強をするためにファスティングを学びに行ってきましゅ!そこでも新たなことが学べると思うので今度書きましゅ(^◇^)

院長は週一出産があったら嬉しいな~って思ってます(´▽`*)嬉しい報告が週一であったら素晴らしいですよねヾ(≧▽≦)ノ
そよかぜくんでした(^◇^)
cropped-soyokazekun_character6-e1471919773725.jpg
千葉県野田市 そよかぜ接骨院
04-7157-3982

初回施術ご予約フォーム(予約優先)

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

ご希望メニュー(必須)

日時 (必須)
  

平日の受付時間  8:30~12:00 15:30~20:30
土曜日の受付時間 8:30~14:30 
日曜・祝日ご希望の方はご相談下さい。

メッセージ本文

24時間以内にご連絡いたします。
当日ご希望の方は、
04-7157-3982にご連絡ください。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA