赤ちゃんの状態は産後ママの母乳に左右される理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

赤ちゃんの体液

以前のブログで赤ちゃんの水分量は80%~90%が水分といわれていると書きました。ほどんどが水分でしゅね( ˘•ω•˘ )
「この水分はどこから摂っているのでしょうか!?」というお話でしゅ。
妊娠したいママしゃん。
妊娠中のママしゃん。
産後のママしゃんへのメッセージでしゅ。
特に母乳で育てているママしゃんに読んでいただきたいのヾ(≧▽≦)ノ

前回のブログできれいなお水がいいでしゅよ~って書きました。
憶えてましゅか!?
忘れてしまった方は読み返してみてくださいね(^^)/

赤ちゃんはお白湯を飲んだり、ミルクを飲んだり、ママしゃんの母乳を飲んで育っていきましゅね( ˘•ω•˘ )
妊娠して女性ホルモンがたくさん出て赤ちゃんを育てるために母乳をつくります。
とてもすごいことでしゅ。ママしゃんは偉大でしゅ(≧▽≦)

赤ちゃんの体液のもとになるものはどこから作られていましゅか!?
母乳であればママしゃんの身体。ミルクやお白湯はお水が関係してましゅ。
ここでもやっぱりお水が重要なわけでしゅ。

どのお水を使うかっていう発想でもいいと思います。
ママしゃんのご飯をどうするのかってことも重要なわけでしゅ。
前回のブログではお水のことでしたが食材にも影響するのではないでしょうか!?

出産したらママガモも身体はきれいになった

以前どこかで院長が聞いたお話。
確かカモだったと思うのでしゅが、水の状態が悪くて水銀がたくさん含まれているところで住んでいたカモがいてそのカモを検査したら水銀がたくさん体内から検出されたそうでしゅ。
数値は忘れてしまいました。ごめんなさい<m(__)m>
そのカモ妊娠していて無事に出産できました。出産後に検査してみるとママガモの水銀の濃度が下がっていたんだそうです。素晴らしいでしゅね( ˘•ω•˘ )とはいえず。。。

赤ちゃんを検査するとママガモよりもものすごい高い数値の水銀が計測されたというお話を聞きました。

身体の大きさが違うから濃度は高くなってしまいます。
例えば体重が3㎏の赤ちゃんと60㎏のママしゃんがいたとします。
同じグラムのものを食べたとして赤ちゃんはママしゃんの20倍の濃度のものをとったことになります。これだけって思っても身体のサイズが違うから全く違うことなのでしゅ。

アトピーのでている赤ちゃん

アトピーがでてしまっている赤ちゃんがいたら赤ちゃんの身体だけでなくママしゃんの身体も施術していくといいと思いましゅ。ママしゃんの食べ物、飲み物を注意してもらうといいと思うのでしゅ。もし赤ちゃんがアトピーだっだら肝臓や腎臓まで効果の出せる先生のところで施術してもらうといいと思いましゅ(^◇^)ママしゃんの肝臓の状態、腎臓の状態を改善してあげるとよりいいとそよかぜくんは思うのだぁ~ヾ(≧▽≦)ノ
体質改善って重要でしゅね( ˘•ω•˘ )
院長はダイエットしてから言葉の意味をより理解したようでしゅ(^◇^)

そよかぜくんでした。cropped-soyokazekun_character6-e1471919773725.jpg
野田市 そよかぜ接骨院
04-7157-3982

初回施術ご予約フォーム(予約優先)

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

ご希望メニュー(必須)

日時 (必須)
  

平日の受付時間  8:30~12:00 15:30~20:30
土曜日の受付時間 8:30~14:30 
日曜・祝日ご希望の方はご相談下さい。

メッセージ本文

24時間以内にご連絡いたします。
当日ご希望の方は、
04-7157-3982にご連絡ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA