痛みや不調をなくすには「痛い」の一言で済ませるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
肩がゴリゴリ

身体の痛みや不調があると「ここが痛いんです。」って伝えましゅね( ^^)
院長が最近感じていていることを今日はブログにしてみるのだぁ~(^^)/
今回の内容は、普通のことしか勉強していないとわかりにくいかも。。。
「そこの痛みって神経も筋肉も繋がってないから・・・。」と
数年前の院長は思っていたようでしゅ。

痛みを表現するのはムズカシイ

身体が感じていることを言葉にして表現するのって難しいです。

「痛い」って言葉にするのは簡単です。
その痛みを自分が感じるままに伝えればいいのだぁ~(≧◇≦)
間違っているかどうかは誰にもわかりましぇん。
その人の痛みはその人にしかわからないでしゅから。
国語力が大切だと院長は学んだようで、
新たな痛みの表現できるように色々考えているみたい(^-^;

痛みの表現

患者様から痛みを色々な表現でしてもらっていましゅ。
「痛みの深さ」皮膚が痛い。皮膚から1㎝のぐらいのところが痛い。
「痛みの範囲」500円玉ぐらいの範囲。膝から足首まで。
表現によって痛みの場所がさらに特定できましゅ。
「痛みの種類」ジンジン。ズキーン。ズキズキ。じわー。刺されている感じ。
これも是非教えていただきたいって言ってました。

施術して痛みの状態が変わりましゅ。
「痛みが減った」「痛みが変わらない」「痛みが増えた」「痛みの場所が変わった」
全ていいことでしゅ。
グイグイ押して痛くなったら悪くなっているかもしれましぇんが(・´з`・)

そよかぜ接骨院では、グイグイ押しましぇん。
でも、痛みが増えることがありましゅ。
理由は元々持っていたものだったり、治る過程で必要な痛みが出てきているのでしゅ。
またの機会に書きましゅね( ^^) _U~~

施術受けている時の

「あぁ!そういえば・・・」

脳が必要だと思っている情報なのだぁ~。

「そういえば・・・」余計な話をしてやろうって思う人っていないと思うんでしゅ。
どうでしゅか!?

先生や相手に「このことを伝えた方にプラスになるんじゃないか!?」って
思うから伝えてるはずなんでしゅ。
おそらくうまく伝わらないときは表現が少しずれている時なので、
違う言葉に言い直してみたらいいと思うのだぁ~ヾ(≧▽≦)ノ
きっといい方向に進むのだぁ~。

生活をしていて「そういえば・・・」ってたくさんありましゅよね(≧▽≦)
「そういえば・・・これした方がいい。」「そういえば・・・これ忘れてた!」
ですよね!?

これらは自分にとってプラスになる表現のはずでしゅ。

このことからも「そういえば・・・」「あぁ!」のインスピレーションを大事にしてほしいでしゅ(≧▽≦)

そよかぜくんでした。
そよかぜくん
そよかぜくんのおうち
野田市 そよかぜ接骨院
04-7157-3982

初回施術ご予約フォーム(予約優先)

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

ご希望メニュー(必須)

日時 (必須)
  

平日の受付時間  8:30~12:00 15:30~20:30
土曜日の受付時間 8:30~14:30 
日曜・祝日ご希望の方はご相談下さい。

メッセージ本文

24時間以内にご連絡いたします。
当日ご希望の方は、
04-7157-3982にご連絡ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA